ニュース

アーカイブ

RSS

11月28日ヴァイオリン&ビュッフェ イベント開催<ランチ>

2015年10月28日

毎年恒例イベント!!
三銃士が今年もボルドーにやってきます★

『ヴァイオリン&アフタヌーンティ&ランチビュッフェ』を今年も開催します。
メルキュールホテル自慢のフレンチビュッフェと、
ヴァイオリン&ピアノ&チェロの生演奏までついた、
一日限りのイベントとなっております。
また『2015ボージョレ・ヌーヴォー』も一緒に楽しめてしまう御得なイベントとなっております。
皆様お誘いの上、御気軽にご参加ください♪

イベントフライヤー

開催日 :11月28日(土)
時 間 :12:30受付開始 13:00スタート(15:00終了)
料 金 :御予約限定料金 3,600円(税サ込) *お支払いは当日となります。
     当日料金    4,000円(税サ込)
内 容 :生演奏、ビュッフェ形式料理、アフタヌーンティ、ボージョレ・ヌーヴォー、
     各種ワイン、ソフトドリンク がセットでございます。
進 行 :12:30 受付開始
     13:00 START
       05 お食事スタート(ビュッフェ形式)&ボージョレ・ヌーヴォー
     14:30 ヴァイオリン鑑賞&アフタヌーンティ
     15:00 終了
奏 者 :今年も三銃士がボルドーにやってきます!三銃士イラスト

    ★岡嶋 晋 Susumu OKAJIMA ;Violin

札幌市生まれ。3歳よりヴァイオリンを始め、日本では荒谷正雄、篠崎功子、さらにヨーロッパで、ロドニー・フレンド、イヴリー・ギトリスといった伝説の名手の薫陶を受けた。英国王立音楽院(RCM)卒業後、1997年より本格的に演奏活動開始。2005年にはロンドンでデビュー・リサイタルを行い成功を収める。以来、英国を拠点にヨーロッパ各国及び日本でソリスト、室内楽奏者として活躍中。主要な協奏曲や古典からアヴァンギャルドまでの膨大なレパートリーを誇る。
2008年、デビューCD‘岡嶋 晋バルトーク&マデルナを弾く’をリリース。2009年よりF.ラゴーの主催する‘Tierra-BajaFestival’の招待ソリストとして、スペインおよび南仏各地を演奏旅行する。2012年4月ロンドンで、藤倉大の新作’Fluid
Calligraphy’の英国初演を行う。使用楽器は1817年製のロレンツォ・ヴェンタパーニ。
一方で、北海道大学医学進学課程・同大学院卒、日本人初の英国一般外科コンサルタントとしても知られる。

    ★ 岡本孝慈(Kohji Okamoto, Piano)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校並びに同大学音楽学部器楽科を卒業。同大学大学院音楽研究科修了。ドイツ・デトモルト音楽大学修了。その間伴奏助手を兼任。PTNAヤング・ピアニスト・コンペティションG級銀賞、並びに読売新聞社賞、ソニ-賞受賞。NHK洋楽オ-ディション合格。ワイマールの第1回フランツ・リスト国際ピアノ・コンク-ル入賞。平成17年度札幌文化奨励賞受賞。平成23年度第21回道銀芸術文化奨励賞受賞。加藤一郎、米谷治郎、F.W.シュヌアーの各氏に師事。現在、札幌大谷大学芸術学部音楽学科特任准教授。㈱エルム楽器特別講師。

    ★フランソワ・ラゴー François RAGOT(チェロ)

ペルピニョン音楽院主席卒業後、パリでJ.フーショ、P.ミューレル、ロンドン王立音楽院でP.カザルスの高弟C.バンティングに学ぶ。南仏を代表するチェリストとして活動の傍ら、複数の音楽院の教授を兼任する.スペインの‘Tierra-Baja Festival’芸術監督、また、カタラーニャ地方の室内楽団‘Formations de Chambre des Pays Catalans’のリーダーとして世界中で演奏を行う。2009年にカザルスをイメージした‘紛争と和解’の世界初演のソリストとしてBBC交響楽団と共演。2014年よりCanet en Roussilon交響楽団の首席指揮者に任命される。演奏楽器は彼自身の祖父であるルチアン・ラゴー作。

    

御予約はこちら→ 011-518-5708(直通) 10:00~